お墓にかかるお金を知ることで初めて何が大切かを理解できた!

お墓は、最近の日本人にとっても、大切な遺産です。

お墓を建てるには、お金がかかりますし、

本体以外にもかかるものです。

しかし、お墓に関係するお金について知れば、

お墓の価値を本当に理解できるようになります

 

1.お寺にかかるお金の本当の姿と正しい対応

お寺と墓

①法事の『布施と言う名の料金』を高額にしているお寺さん

これは、はっきり言って、住職の寺院経営方針によるものです。

安易に、その話に乗ってはいけません。

法事は、あくまで”お気持ち”で。

檀家の方と相談することで、高額なお布施は回避できます。

 

②戒名をいただく時の受戒費

本来、「居士」や「信士」といった位号は、

その人の生前での「信心深さ」「信仰心の度合」「修行の度合」を表していたもの。

普通の信仰心であった檀家の方は「信士」、

信仰心が厚かった方なら「居士」。

しかし、現在はお金で位号が決まるようなことに、変わってしまいました。

本来は、お金とはまったく関係ないものです。

故人の遺志を尊重して決めてもらえば良いこと。

 

③魂入れや魂抜きのお布施

これらは、仏教が日本に伝承された飛鳥時代から行われていた儀式です。

厳かにやっていただくのは、当たり前ですが、

お布施の額とは、まったく関係ありません。

 

④お金のない人はお寺に入れない?

最近では、納骨堂に遺骨を保管できます。

お寺の墓であろうと、納骨堂だとうと、信仰心にかわりはありません。

お金とは、これも関係ないことです。

 

2,古い墓の遺骨を新しい墓にまとめる時の費用

霊園のお墓

新しい墓を建てた場合、建てる費用以外に、

お墓の遺骨を引越しする費用が必要です。

 

①古い墓が土葬の場合

古いお墓であれば、土葬をしており、

いつかは、ご先祖様全員を一緒にしてあげた方が、良い供養になります。

そんな場合は、

全部掘り起こしてもらい、新しい墓に移動しましょう。

掘り起こし作業は、1体いくらでお金はかかりますが、

墓堀さんに頼むことができます。

しかし、

遺体が土に還ってしまい、掘っても何も出てこない時もあります。

 

②古い墓の納骨室の底面が地面むき出しの場合

もう少し時代が新しい墓は、

土葬ではないけど、

納骨室の底面が地面むき出しでした。

遺骨を骨壺に入れず、土に還す形態の墓だった。

この場合なんかも、遺骨が出てこない場合があります。

遺骨が出てこない時も、古い墓石の撤去費用がかかります。

 

③古い墓の納骨室の底面が石やコンクリート製の場合

前の墓は、”現代の墓”タイプですから、

それほど古くはありませんし、遺骨は骨壺に入っています。

骨壺のまま移動し、新しいお墓に納骨してあげましょう。

もちろん、古い墓石の撤去費用はかかりますが、

先祖の良い供養になります。

 
よいお墓を

投稿日:

Copyright© お墓にかかるお金を知ることで初めて何が大切かを理解できた! , 2018 All Rights Reserved.